哲学は下らん

哲学は暇潰し、の続き。

人間の大多数は汗水流して働くんだよ、まずそこを直視しろよ、と思う。そういうのを下に見て偉そうに語っているだけじゃねえか、哲学って。大体、哲学のそもそもの発端からして、十分に気違いだからな。

古代ギリシャの、一切労働しなくて良い奴らが、余りにも暇過ぎるから、俺ら何で生きているんだろうね、ってところから始まったようなものだ。浮き世離れしている。

古代ギリシャにおいては労働は美徳ではない。奴隷がやる卑しいもの。現代ギリシャ人は古代のとはだいぶ民族が違うようだけれども、その国民性は同じのようで、それが現在のギリシャ危機。働かないんだよ、あのゴミ共は。

別に、働かないのはいいんだよ、俺も働きたくはないしね。だがな、それでEUに頼りっきり、借金しっぱなし、これは駄目だろ。働かないなら働かないで、身の丈に合った生活をしろよ、ってだけ。

糞みたいな民族、ギリシャ、そいつらがこんな経緯で始めた哲学、実に下らん。人間の存在意義なぞ、いくら考えたってわかりもしない無駄なものに、勝手に意見を述べているだけ。しかも、引きこもりのニートが偉そうに、な。

そういう点では哲学なんて、俺のこの文と同レベルなんだよ。社会の底辺がほろ酔いで書く、取り留めもない無駄話とね。どちらも無意味、という点で。だから、哲学なんて糞みたいな思考だ。俺は学問とは絶対に認めん。文学も同様に。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP