様々な浅瀬の生き物

前の続き。

ミチヲはスニーカーを履いていたが、それでも痛いんだと。来年からは靴底に鉄板入りの安全靴を履いてくるようにしよう。でも、これで泳げるかな?これを履いていたから沈んで溺死、なんてのは嫌だが。

海岸から500mぐらいまで行けば、サザエがそこそこいる。おお、今年は確かに結構採れるな。昨年は俺、5個も見つけていないからね。今年はそこそこは採ったよ。他の方々はもっと採っているが。

珊瑚の裏とか窪みにいるね。基本、サザエがメイン。タカセガイは時々見つかる。ナガウニは食えないので無視。スベスベマンジュウガニというあまり大きくない蟹がたくさんいるが、これは毒を持っていることがあるので食えない。

食うと駄目なだけで、触っても毒はないから大丈夫。蟹には、鋏に毒を持っているような種類はいないということだ。挟まれたら外傷的に危ないのは言うまでもないが。

他にはオニヒトデかな。珊瑚の下なんかに隠れている。こいつが珊瑚を食うと、その部分が白くなっているので、珊瑚を注意して見ていれば、近くに潜んでいるだろうな、とわかる。

こいつの棘には毒があるから、素手では触らないように。珊瑚の保護という面では有害な生物なので、見つけたら駆除が望ましいが、こんなトゲトゲ付きのでっかいヒトデ、持って帰る訳にもいかない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP