規制は不要

前の続き。

うーん、でも、2次元の世界に逃避する奴もいるし、難しい所だな。あれ?何の話だったっけ?ああ、歴史解釈と表現の自由の話だ。まんこはあんまり関係ないな。

ビンラディンを崇める映画だって認められても良いぜ。代わりに、アッラーの漫画も許されるべきだが。フランスの風刺漫画って騒がれてたけど、あんなの東スポレベルだろ。そんなのにまじになっちゃってどうすんの?って思うね。

北チョンの馬鹿将軍の暗殺計画の映画も堂々と放映して良い。別に、天皇を馬鹿にする映画を作ったって良いよ。俺はそんなことで騒いだりはしないね。まあ、一部の奴はデモするかもしれんが、どうぞ御自由に。

児童ポルノもロリコン御用達漫画も規制の必要なし。ただ、それを見たり読んだりしている奴は、俺は犯罪者予備軍とみなすだけで。撮るな、描くな、見るな、とは言わんよ。でも、俺は白い目で見るだけ。それも俺の自由だしね。

酒鬼薔薇の今回のも、出版自体は勝手にどうぞ。訴えられて賠償で苦しめば良いとは思うね。ただ、買う奴がこれだけいるというのが呆れるだけ。所詮日本人なんてこんなもんなんだな。残念だ。

漫画の表現規制も最近はかなりきついよな。俺が餓鬼の頃に読んでいたキン肉マンとか北斗の拳とか、台詞がかなり改変されているらしい。ブロッケンマンの毒ガス攻撃とか、今はどうなってんのかね?

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP