最終学歴麻布

麻布、の続き。

当時、開成は麻布と日程が被っていて、しかも2月1日2日の2日間。開成を受けると2月2日に他の滑り止め受験ができなくなるのでリスクが高い。俺はそこまで出来が良くなかったので、麻布。

麻布は、東大合格者数が4位と言ったって、この筑駒、開成、灘にはいつも水を開けられている。年度によってはもっと下の順位の時も。ま、麻布の売りはそこではないので。それは以下に書いていく。

生徒は一学年300人。進学先は大雑把に言うと、50人が現役東大、50人が浪人して東大、100人が他の国立や医学部、早慶など、残り100人は何しているか不明、って感じ。

一学年の人数が多いので、東大進学を率で考えるとそんなに高くはないね。率なら、筑駒、灘、開成の順か。進学校と言われているけど、はっきり言って麻布生はあまり勉強しない。

俺は一浪して早稲田に行った。でも、大学は中退。単位はわずか22しか取っていないんで、ほとんど行ってない。よって、実質的には「最終学歴麻布」、誠に遺憾ながら平校長の教え通りになってしまったね。

いやいや、俺みたいなのばかりでは勿論ないよ。麻布は歴史があるから、出身人物を見ればそりゃもう立派なもんよ。変なのもたくさんいるのだけれどもね。以下に挙げてみるか。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP