軍事のアウトソーシング

前の続き。

米軍基地が日本に数多くあるのは、軍事のアウトソーシングによって日本は経済活動に力を割けるメリットがあるからだ。日本を一つの企業と考えれば、外部委託できるものはすべき。自前で軍事費を掛けるより遥かにお得だ。

その陰で日本はがんがん経済発展して裕福になれば良い。というか、今までそうやって来た。戦後の日本の復興の要因の一つは、アメリカのお陰で軍備に金を割かなくても良かったから、とも言える。

それに、軍事はアメリカ様のお得意分野。全世界を敵に回してもアメリカ1国のみで勝つ戦力を保持する理念だからね、彼らは。実際にそれを持っているアメリカ様に頼むのが賢いと思わないか?

軍事を握られればその分発言権が下がる。日本がアメリカの犬になるのは仕方ない。でも、経済の方が重要だと思うね。名を捨てて実を取る、狡賢いと言われようがいいじゃないか。日本のトップ層には実に狡猾な奴がいるんだろう。

アメ公には「よっ、正義の国!世界一!USA!USA!」と言ってやれば、奴らはそれで満足してくれるのだから。アメ公にちょっと金を払って、ある程度の土地を基地として貸しておいてやれば、後は向こうが頑張ってくれる。

こんな有り難い話もない。自前で奴ら並みの装備の開発や軍隊の維持とか、今の軍事費では到底済まないよ。それが、ちょっと大人しく言うこと聞いていれば奴らがやってくれる、むしろ感謝すべきだ。

俺はアメリカには本当に正義があると思っている。現在も日本は犬として飼われている訳だが、今までそんな無茶苦茶な要求をして来ていない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP