北海道には自衛隊

北方四島は金で買え、の続き。

何にせよ、露助は貧乏人なんだから、札束で頬を引っ叩くような、足元を見る交渉が北方領土については有効だと思うね、経済大国日本としては。

元の話に戻そう。露助が弱っているからと言って日本は防衛しなくとも良いわけでは勿論なく、かつては冷戦期もあったので、北海道にはたくさんの自衛隊基地がある。

米軍専用の基地はないけどね。この理由は国土防衛の為。だから米軍ではなく、自衛隊基地。米露は北極海を挟んで睨み合っているので、対ロシア用として極東の北海道に基地を作る必要性はない。

そういや、米露が核戦争になったら日本の真上をミサイルが飛んで行くとか阿呆なことを言っていた政治家がいたな。政治やるなら少しは勉強しろよ?こんなのを選んだ奴も悪いのだが。

平面の地図だけ見てれば、太平洋を挟んで米露の戦争になる気もしてしまうが、地球儀で見れば一目瞭然、米露が激突するなら北極海だ。事実、冷戦期には北極海で米露の原潜が凌ぎを削っていた。今も多分。

太平洋上をミサイルが飛ぶとか、遠回り過ぎて絶対に有り得ない。よって、米露が揉めた場合、日本は宗主国様に金を提供するだけだね。戦場にはならんだろう。

ロシアの中心都市はほとんどヨーロッパの近くだ。極東には大した都市もなく、戦力も薄い。なので、米軍からすれば、北海道に自分らの基地を作る必要性はない。必要性がないから北海道に米軍基地がない、それだけだ。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP