強制丁半博打

前の続き。

こう考えると、貯金というのも一つの投資だ。貯金するというのは、日本がインフレしないことに「張っている」ということ。貯金をしているだけなのに実は丁半博打に参加している。

貯金するということはデフレ側に「張っている」わけだ。デフレで物価が安くなれば、貯金で買えるものが増えるのだから。事実、数年前までは貯金が正解だっただろうな。

でも、これだけ株価が上がっている今となっては、貯金を取り崩して株などの投資への振り分けを増やしておくべきだった、ということになる。こういうのは後になってみないと答えがわからないわけだが、それは博打だから当然。

消費税などで物価も上がったわけだしね。貯金という投資をしていた人は皆、多少なりともこの丁半博打に負けた、ということになる。株などで大儲けした人が勝者。

ここまででわかる通り、経済と無関係の人間はいない。極論を言うと、人間というのは皆ギャンブラー。生きているだけで丁半博打に強制参加させられている。だから、それに勝つ為にも経済、投資を学ぶことは必要だ。

こんなことを偉そうに言っている俺だが、実は諸君らと大体同じ考え方。経済とか、うざいよね。俺が普通の世間とは隔離されたこんな生活を選んでいるのは、経済なんかと関わりたくないからなんだよ。

そんな世間の齷齪したものから離れた孤高の存在が良い。そうありたいと思って、ここ日本の端っこ沖縄にいる。毎日毎日東京で金金金、そんな生活はしたくない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP