マルホン倒産

少し前に流れていたニュース。パチンコメーカーのマルホンが倒産したようだ。でも、俺はマルホンにそんな思い入れはないな。

一番有名なのは、ソルジャーだろうね。権利物。俺が打ち始めた頃には、台自体はあったが、もう終わった話だったので。何が終わった?ってことだが、攻略法。

最終ラウンドをアタッカーフルオープン、エラー解除で連荘ゾーン突入、という奴。店側も既に分かっているので、エラーを出したら出入り禁止。

でも、フルオープンで、アタッカーが閉まる直前に玉をぶち込んで、一瞬だけエラーを出して、自力で解除、で、連荘ゾーンにぶち込む、なんて技もあった。失敗した場合のリスクもでかいけどね。

他は、ファインプレーが有名。遊べる羽根物。俺も多少は。乗り打ちの連れ、デブが、よくスロやCRで負けが込むと、いつの間にか打っていた。いつも見る度に呆れていたね。

雀士ウーロン牌には多少世話になった。止め打ち効果がでかかった。でも、都内ではすぐに終わってしまったな。しょぼい液晶が印象に残っている。

サンダースケルトンも多少。これも止め打ちで。ちょっと面倒だった記憶がある。他に覚えているのだと、ファンキードクター、ちまちま出玉で、時々大連荘する奴。ちょっと打っただけ。

Eアドベンチャー2インアクアポリス、羽根物のメガトンザウラーあたりを触ったことがあるかな、ぐらいか。

他にも同じ道をたどりそうなメーカー、ちらほらあるなあ、パチもスロも。昔では考えられないくらいに落ちぶれているところ、あるね。期待しておこう。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP