計算してみよう

スイスフランショック、の続き。

可能性がある、では生温いな。でっかい借金を背負う奴が多々いる、ぐらい現実的。今回のスイスフランショックで計算しよう。

ユーロ/スイスフランを売り買いできるFX会社も、実際にしていた日本人も、ほとんどいなかったと思われるので、スイスフラン/円の値動きで。為替は全ての通貨が連動なので、スイスフラン/円も大きな値動きをした。

さて、元金100万円を最大レバレッジの25倍で、全額、スイスフラン/円を売りで入っていたとしよう。これは、簡単に言うと、スイスフランが円に対して値下がりする、と期待している。1月14日まで、1スイスフラン=115円。

これが1月15日、1スイスフラン=139円になった。スイスフランが値上がり、円が値下がり、というわけだね。期待とは真逆の方向に行った。さて、いくらの損が出たか?

元金100万のレバレッジ25倍というのは、2500万円分の取り引きができる、ということ。1月14日までは、2500万÷115円=約22万スイスフラン。このスイスフランを売りに出していた、ってことになる。

1月15日。この約22万スイスフラン、1スイスフラン=139円になったので、これを円に換算すると、約3022万。今まで売っていたのだから、この額で買い戻さなければならない。

2500万の取り引きをしていたのが、3022万になってしまったのだから、522万円足らない。元金の100万を引いても422万足らない。つまり、1日で、100万持っていたはずが、422万の借金を背負った、ということになる。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP