刺身とつま

前の続き。

魚はスーパーでは無理だね。刺身なんか、はずれが多過ぎて。割り引きされているのなんてまず、はずれ。ノルウェー産のサーモンのみ、かなり安定している。チリ産は元々まずい。

鯵、秋刀魚の握りは、裁いてすぐならうまいこともあるんだが、小骨が多いのに当たると食いづらくて最低。遅い時間だと生臭いことも。

こういった経験から、現在、スーパーで刺身は、サーモン以外買わない。寿司は、かねひでのねぎとろ太巻き(細巻きはまずい)だけは結構いける。

それはそうと、刺身のつま、いる?あれ、役割がいまいちわからん。刺身の脂を吸うため?でも、食え、とも言うしな。俺はまとめてわさび醤油につけて一気に食ってしまうことが多いが、別に好きで食ってはいない。

出されたものは食え、という道徳観念から食っているだけ。つまの役割、調べたら、臭い消しと見た目、だと。んじゃ、いらねぇや。この風習、今すぐやめろ。

どちらかと言うと、大根よりはわかめの方が量が少なくて、一応海藻は健康にも良いし、まだまし。紫蘇は好きで食う。菊とパセリはあまり食いたくない。これも食うべきなのかね?

でもなあ、船場吉兆じゃねぇけど、店だと、つま、前の客の残しを使い回している可能性もあるんだよね。高級料亭がそうなら、その辺の居酒屋は、となってしまう。こんなんなら、つまの風習、やっぱりなくした方が良いわ。

何の話だったっけ?ああ、酒の肴、つまみの話だったな。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP