トリプルクラウンゼロワン・その4

これ以外の3つが高設定示唆らしい。1つは「逆回転スタート」、残りは秘密とのこと。要は、上の3つ以外のフリーズが熱い、と思えば良い。

が、これもどこまで信頼できることか。こんなのそうそう出ないんだから、最低4以上確定にして欲しいところだけど、そんな店に得がないことをこのメーカーがやるとは思えんな。

筐体は、今までの高砂筐体から変わって、ウィザードの筐体。マックスノトリプルクラウン、トリプルチャンスと同じ筐体だ。操作性は上がっているね。リプレイが揃った後に即レバーを叩いても、受け付けてくれる。

以前トリプルチャンスの記事で書いたが、この筐体は変更後のリールのブレが派手。プチフリーズみたいな挙動をするので、見れば誰でもわかる。ただ、通常回転でもそこそこぶれてしまう台もあるようだ。

もう一つ、以前のトリプルチャンスでのブレは確実だったが、今回は手を加えられている可能性が高い。電源のオンオフだけでもぶれるかもしれない。

また、朝一の状態も2つあって、通常通りデモ画面に移行する状態と、下パネルが消灯してデモに移行しない状態が。リセットの仕方によって変わってくるのかもしれないが、ちょっと不明。

使えそうな情報はこんなところか。多分、今後あまり打つ機会もないので、調査はできないな。ただ、機械割りが、ね。イベントや強い日などでしっかり6が入るような店でないと打ってられん。今後頼むぜ、清竜さんよ?

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP