トリプルクラウンゼロワン・その2

ビッグ後77ゲーム以内のビッグで音楽変化する。このゲーム数は、ゼロの32、スペシャルの55から伸びたので、変更判別などには使いやすくなった。バケを挟んだ場合どうなるかはちょっと調べ切れていない。

この音楽変化、基本は琉球ウィリアムテルかトルコ行進曲になる。が、琉球メドレーになることもあって、これは熱い、とホームページにある。メドレーは音楽が120枚払い出しごとに変わるから、聞いたことがない曲でも気付けると思う。

一応、じんじん、てぃんさぐぬ花、安里屋ゆんたの順番で流れる。ただ、これが流れればどれくらい熱いのか、という話だが、とある筋によると、どうでも良い入っていなさそうな台でも結構流れているらしい。

ハナのビッグ後パネフラよりは設定差はあることを期待したい、というか、ないと判別に何も使えないのだが、流れたから高設定とも限らなさそう。当てにしない方が良いだろうね。

加わった判別要素は2つ。1つはビッグ中のチェリー。ハナと同様に、両サイドのフラッシュがチェリーの合図。チェリーの出現率が高いほど高設定の期待が持てる、という話だが、ハナのスイカよりは確率が悪いような。

これも判別要素としては役に立たない可能性が高い。一応、たくさん出ればいい、ぐらいに覚えておけば。もう一つの判別要素は、バケ中のビタ押しによる、左右のフラッシュ。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP