毛唐の押し付け

前の続き。

河豚って鳴くのか?想像もつかん。魚が鳴くってどういうことよ?海の生物で鳴くのって、鯨、海豚ぐらいしか思い付かないな。でも、こいつら魚じゃねえし。調べたら、鳴く魚って結構いるらしいな。へえ、面白いもんだ。

脱線しているが、あの気違いどもに言わせると、鯨漁、海豚漁が残酷らしい。確かに派手に海に血が流れるが、それは他の生物だって同じだろうが。

海での屠殺と牛の屠殺、変わるところがあるか?牛の首を刎ねる動画、見たことあるぜ。あれだって十分残酷だと思うがね。

それなのに、牛、豚、鶏、羊に兎、こういうのは食って良くて、犬、猫、鯨、海豚は食ってはならん、何だその線引きは。毛唐の価値観の押し付けに過ぎん。

知能が高い生物は食うな、なんていう主張もあるが、これは、突き詰めれば、知能が低いものは食っても良い、ということだ。

これを当て嵌めるなら、人間の中にも食われて然るべき奴、たくさんいるんじゃねぇのか?シーシェパードの連中は俺からすると食い物に見えるな。

本題に。海豚、亀、マナティは、美ら海水族館の外にいるので、無料で見られる。甚平鮫などは水族館内なので、見るには結構な値段がかかってしまうが。

今日の同行者達は皆水族館には入ったことがある。どころか、内地から友人などが来た場合、この美ら海水族館にはまず連れて行かされることになるので、内地からの移住組みならば、ここには複数回来ていることは確実。俺は3度。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP