なるようにしかならんよ

前の続き。

ウメとバシは泊まらず帰ったのは覚えている。ミチヲとエミリーは泊まって、俺もいつの間にか寝た。ニモと二人で仲良く。

1月1日木曜。ミチヲとエミリーには、洗い物だの片付けだの、いろいろやって貰って、有り難い限り。これにて、今年のカウントダウンパーティーも解散。

こういう、家での鍋パーティー、冬場ならちょくちょく開催しても良いかもな。夏場は勿論ビーチパーリーだが、冬はやはり屋内での鍋だろう。まあ、沖縄、そこまで寒くはないけど、冬の気分を味わうには、鍋が良いか、と。

解散後、しばらく家で寝ていたが、タマから連絡があって、飲みに出掛ける。久しぶりだな。パチンコ中心の同業。これで嫁と子供達を食わせている。そのプレッシャーはなかなかきつそうだ。

今後のこの業界に不安を感じていたようで、そんな話を。ま、いくら不安って言っても、簡単に解決できるわけじゃねぇしな、なるようにしかならんよ。

それに、別にこの生活者だけが不安を感じているわけじゃねぇ。どこの会社だろうが突然倒産するのがこの世の中。いきなりテロに巻き込まれることもあるかも知れんし、戦争だって起こらないとは言い切れまい。

俺はかなり楽観主義者だな。そうでもなきゃ、こんな生活、選ばんよ。ま、悩むことがあるのは理解するが、自分のできることをやるまで。飲んでりゃ気持ち良くなって忘れる、ってね。

3軒回って、最後はタマの大好きな栄町で朝方まで。しかし、この場末感はなかなかねぇよ。これが好きな奴はとことん嵌る、って印象か。俺は積極的に一人では来ないが、たまにこうして見てみるのも悪くはないと思っている。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP