宴会好きの島?

一日あれば周れるな、の続き。

心配無用だったw。どこの店も昨日と同じようにやっている。この島の居酒屋は日曜でも元より平気で営業しているのか、それとも、年末の忘年会シーズンだから特別に店を開けていたのかはわからんが。

ま、店の選択肢が多いのは有り難い。昨日気になっていた、この島で一番人気という話の、「まつ葉」へ。内装も凝った作りで綺麗だね。2階もあるので、店内はかなり広い。

そう言えば、この島の居酒屋、2階建てが多いな。どの店もキャパはかなりある。それだけ人が来る、ということだね。皆飲み会が大好きなんだろう。

この店も繁盛していた。島特産の黒糖焼酎もたくさんある。ボトルキープもかなりあったな。そういや、鹿児島の人間は沖縄よりも飲むというしね。この島も鹿児島、同じだろう。

政争で荒れていた頃は、子供にも平気で飲ませていたみたいよw。子供だって牛の世話をしているんだから、闘牛後の宴会なんかにも同席したりするだろうし、酒は早い段階から、って感じかなw。

この島の変わった食い物は二つ。たまごおにぎりと冷やしおかゆ。後者は食わなかったので不明。前者はこの店で食ったが、おにぎりを海苔の代わりに薄い卵焼きで巻いたもの。味は想像通り。昼飯で食うものだな。

その後、2軒ほど回る。昨日の泥酔のせいで体が酒を欲していないなw。あまり酒が進まん。2軒とも、じゃが芋が最高にうまかった。ちょうど収穫の時期だったのか、新じゃがで、この味わいはなかなかないね。お勧めだ。

ちょっと時間は早いが、泡島はおねむだし、切り上げるか。明日の朝も早いしな。この島は居酒屋、飲み屋がたくさんあるので、夜に困ることはないのがいいね。もっと体力を温存して派手にやるんだった。失敗。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP