プレゼント、捨てられるw

前の続き。

女、「ブランド、興味ないんだよね?」

俺、「おう、まったくないぜ。」

「この財布、ブランド物だよね?自分で買ったの?」

「ん?あ~、これは母ちゃんがイタリア旅行に行った時に、土産で貰った。」

大嘘w。母ちゃんがイタリアに行ったのは本当だが、我が家にそんなプレゼントの習慣はない。本当は、前の女に貰った。使い心地が良いので、そのまま使っているだけ。

嘘に本当のことを混ぜて、まず自分に嘘を信じ込ませる、これが嘘の秘訣だと思うね。

「ふーん。でもこれ、メイドインジャパンになってるね?」

「・・・え?まじ?母ちゃん、どこで買ったんだ?向こうでも日本製とか売っているのかなあ?」

しらばっくれるが、内心、大汗。細けぇことまで、良く見やがるな、こいつ。

「そう・・・。」

こりゃ、ばれたなw。目線でわかるわ。どうしたもんか。って思ったら、プレゼントで財布買ってきやがったwww。

「すぐにこれ使って!」だと。もうこれは仕方ないよね。言う通りにしたよ。

その後も、

「前の財布、どうしたの?」

「その辺にしまってあるよ。」

「もういらないんじゃない?捨てたら?」

バレバレだねw。仕方ないから、捨てたよ。物に罪はないってのに、可愛そうな財布w。

ってことで、自分の思い出話を絡ませて書いたけど、結局、プレゼントは、相手に気を使わせないような値段の、出来たら、物よりは消耗品、食い物ぐらいにしておいた方が良い、ってことだね。

冒頭の、賢者の贈り物とか、実に馬鹿げた話。こんな「お涙頂戴」に簡単に感動してたらいかんよw。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP