竹富島へ

前の続き。

石垣港から船でわずか10分、人口358人の小さい島。日曜ということもあって、船内は大混雑。船の便数も非常に多く、お手軽な離島ではあるけど、こんな混雑、東京を思い出すよ。あ~嫌だ嫌だ。

チャリで島を回ろうと思うのだが、港で借りられるわけではない。だから、一度、車で集落まで運ばれる。これも馬鹿馬鹿しい。港に建物作って、そこで貸せばいいのに。

集落到着。もううんざり。人が多過ぎる。この時点で、沖縄最低の離島が決定。ダントツ最下位はこの竹富島。もう絶対来ないわ。うんこっこ。八重山離島巡り、最低の島で締めることになろうとは。

この島の売りって、赤瓦屋根の、昔ながらの沖縄の集落、だと思うんだけど、現状、そのコンセプトとは真逆の状態にある。人が多過ぎて、テーマパークのようだ。沖縄ワールドにもこんな街並みあるけど、そっちで十分だね。

全く持って、のんびりではない。昨日鳩間島に行って来たのもあるだろうが、この落差。もはややる気0だが、来た以上一通り見て回るか。チャリで出発。

井戸と丘を見て、あっそ、でスルー。カイジ浜。星砂の浜らしい。これだけ人がいて皆探し回っているのに、星砂、残されているわけもないわな。

次。コンドイ浜、他と同じで、人多すぎ。干潮で泳げる状況でもない。遠浅すぎて、シュノーケルしても、魚は少なそうだな。泳がず。

西桟橋。いまいち。黒島の桟橋の方が長いし、廃墟感がある。喜宝院という博物館。雑多に物が並べられているだけ。与論島で買って来た木枕があった、という印象しかない。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP