フェリー周遊券

石垣島へ、の続き。

朝に波照間島の宿を予約した際に、宿の方から交通手段を聞かれて、「ぎりぎりですね」とか言われたんで、そうした。が、実際は全然で、余裕ありあり。時刻表を見て、そんな厳しいか?って思ってはいたんだが。

タクシーから眺める景色は、ど田舎そのもの。八重山の中では栄えている石垣でも、少し市街地を離れればこんなもんなんだな。

まあ、旧空港は、市街地に近すぎて移転することになったのだから、新空港の周りが田舎なのは、当たり前と言えば当たり前。騒音問題が起きないような場所に新空港を作ったんだから。

港に到着後、切符を買う。安栄観光ってところで、フェリーの周遊券を。八重山の離島を巡るならこれがお得でお薦め。旅のプランに合わせて、3~5日間の乗り放題、日数は選べる。

値段は、波照間に行くかどうかで変わってくる。波照間なしなら、4500~6000円、ありなら、8000~10000円。3~5日のどれを選ぶかによって値段が変わる。

俺らはフルに5日間、波照間を含め離島を巡るので、5日の周遊券、波照間航路ありの1万円のを。切符自体は、乗る都度、この石垣港のカウンターで周遊券を見せて発券してもらわなければならない。

これで行ける離島は、竹富島、小浜島、黒島、鳩間島、西表島(港が2箇所)、波照間島。与那国島の航路は福山海運という別会社なので、行けない。

石垣港から離島行きのフェリーは、3社が運行している。この周遊券で、安栄観光と八重山観光のフェリーには乗れるのだが、石垣島ドリーム観光の船には乗れないので注意。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP