石垣島へ

前の続き。

与那国は、台湾の花蓮市と友好都市の関係にあるんで、台湾旅行の際に気軽に立ち寄れるような国際情勢になるといいけどね。現在では、与那国、台湾間の交通手段はない。

台湾は行ったことがないので、いずれ、とは思っている。是非とも、ビンロウ売りを買いたい。ビンロウ自体ではなく、売り子を、ね。買えないらしいけど、写真を見る限り、これはたまらんね。男の浪漫だ。

与那国島、ラスト。このサイトの趣旨を逸脱してはならんからな。どこの島に行こうが、パチ屋の状況を報告する義務を俺は背負っている。で、与那国島、パチ屋はないよ。そんな邪心、この島に持ち込まぬように。

さて、飛行機で30分、石垣へ。短距離だからか、あんまり上昇しないね。石垣の空港から港まではタクシーで移動。石垣には来た経験はあるが、多少古い話なので、今とは状況が違う。

2013年3月、新石垣空港が開港。俺が来たのはそれ以前。かつては、空港と市街地、そこまで遠くはなかった。が、現在の空港は結構遠くに出来たんだね。仕方ないのだろうけど、不便。

新空港から港までは、タクシーで20分ぐらいか。3000円ちょいだった。以前の空港の立地から考えると、タクシー、儲かって仕方ねぇな。市街地と空港を往復する観光客だけで、売り上げは倍以上になっているんじゃねぇか?

安く上げるならバスなんだけど、この時は港から波照間島行きのフェリーに乗らなきゃならなかったんで、どれくらい時間がかかるかもわからなかったから、最速の手段、タクシーを選択した。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP