パチプは桜

負け組のみを客として歓迎する、ということ、の続き。

多くのパチ屋は、パチプロの存在を理解した上で、それを利用している。客が皆負けるのでは、誰もやらなくなることは明白。勝つ客もいる、ということを見せなければならない。

いや、この前提、正直怪しいがw。重度の中毒者は、勝ち負けすらもはや関係ないのではないか、と思われる。実際のパチ屋の常連客を見ると、そんな気がしている。

それは兎も角も、パチ屋は、他店との競争から、優良店であることをアピールする必要がある。一番効果的なのが出玉。ところが、一般客が打っていると、思うようにアピールできないことがある。

技術的に下手だとか、サラリーマンが多く、夕方からしか来られない為に、高設定を置いても回してもらえないとか、少し出玉ができたらすぐにやめてしまうので、出しているにも関わらず、店内の出玉感がない、とか。

だから、店が出して見せたい時には、入れた高設定を朝から晩までしっかり回して、出玉を積んで他の客にアピールしてくれる客が必要になる。

そういう面から、多くの店はパチプロをうまく利用している、というわけだ。こういう餌があるからこそ、パチプロとして食っている奴も存在する。持ちつ持たれつ、ってことだな。

こう考えると、パチプロなんてのは、正直、桜となんら変わらない。直接店と話がついているか否かの差だけ。パチプロと言うのはある意味、店の従業員みたいなもんで、これを多数飼っているような店も実際にある。河川敷とかw。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP