仲泊

前日の旅行記の続き。

昔の街道で、宿が、とかあったけど、特に見るべきものもなしw。のんびりした、こじんまりとした集落だね。これはこれで気持ち良いが。観光客が来るところではないので、集落前のビーチには人がいない。

いや、正確には一人いた。浜辺にブルーシートの家があって、おっさんが波打ち際で水浴び。風呂の時間かなw?こっちのホームレスは、サバイバル、って言葉がぴったりだ。

でも、こんな景色でのんびりしているホームレスって、ちょっと贅沢だなw。人のいない美しいビーチを昼間から独占して、際限なくだらだらできる。これだけで十分幸せそうだ。腹が減ったら魚でも釣ればいいだろうし。

さて、これ以上北上したら、体力的に帰れなくなる恐れがある。そろそろ戻るか。同じ道はつまらんので、真栄田岬を回って、読谷の方から。

案の定と言うか、真栄田岬まで登る坂がきっついw。この辺で、膝も痛いし、シュノーケルとかやる気力がなくなる。真栄田岬の入口まで来たが、スルーして、さっさと帰路に着くことにする。

真栄田岬はシャワー設備などもあるし、シュノーケルをやるにも、車で来た方がいいだろう。駐車料金がかかるけど、大した額ではないしね。

で、真栄田岬からまた下る。読谷の長浜ビーチ、ここは地元ののんびりしたビーチだが、これを眺めながら先へ。が、・・・、目の前にやばい坂がw。ここから残波岬まで、きっついきっついなが~い坂。

押して登るのもかなり大変。登り切った頃には、膝は痛い、暑くてくらくらする、で、グロッキー。自販機で休憩して、先のコンビニでも休憩。出発からここまでで、既に2リットルぐらい水分を摂っているが、それでも足りない気すらする。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする