負けている現実に気付いちゃう?

6月9日の記事の続き。

もう一つ心配事。常連の負け組み客も、さすがにこの交換率、渋々カードを作って、貯玉再プレイをやり始めたようなんだけど、彼らがどこかで気付くんじゃないかと。

今までは、換金することで、トータルでは負けていても、一時の勝利の歓びを味わうことが出来た。こいつらは阿呆だからね、いくら投資したとか、どうせ覚えてねぇw。だから、換金さえ出来たらそれで勝った気になっていたはず。

が、貯玉再プレイを使うと、現実が見える。たまに吹いて貯玉が出来ても、通っている内に、その貯玉は見る見る内に消えていく。負け組みだから当然なんだけど、こうなると、自分がいつも負けていることに、否が応でも気付かされる。

だって、換金できないからねw。自分の財布からは常に金が出て行く状態になっていることがわかってしまう。一時の勝利の歓びすら味わえなくなってくるわけだ。

どうだろうね?俺は負け組みの気持ちが全くわからないから、こいつらがどう行動するかは予想が付かん。負け分を、その分楽しんだからいいや、と割り切ってもらえる気もしなくはないw。

でも、多少は客が減ると思うよ。パチもスロも、勝てないという現実を目の前に突きつけれられれば、諦める人間もある程度はいるだろう。

客が減って割りを食うのは、当然こちら。パイが小さくなるわけだから。ま、まだ今月は2週間しか経っていないし、今後の様子を見ていくことにしよう。ただ、以上のことを念頭に置いて立ち回るべきだろうね。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする