28玉5.6枚・その2

よって、6月の現金収入はなしw。安全圏まで貯めないとならんから。月単位でも結構な好調不調の波はあったりするもんだから、高いラインまで貯めた方がいい。店をあちこち行くなら尚更。その店ごとに貯めないとならんのだから。

キャッシュフロー的にはやばい月になるねw。ま、ここを読んでいる賢明な諸君のポートフォリオならば、当然の如く現金にも余裕があるだろうから、数ヶ月間一切の現金収入がなくても、乗り切ることは簡単だろうwwww。

さて、この貯玉だが、ここから先が面倒な話になる。上限がかなり大きくて、引き出す際の玉数にも制限が一切ないならば、限度近くまで貯めればそれで問題ない。

が、沖縄においてはこれが面倒になりそう。以前等価が増える前の状況を考えると、ややこしい。大概の店では、貯玉の限度が意外に低い上、引き出し手数料の無料分に上限をつけていた。

例えば、1日1万発分までは手数料がかからずそのまま引き出せるが、それ以降に関しては交換率分を差っ引かれる、となれば、軍団なんかの乗り打ちが有利になる。玉の横流しが可能ならば、かなり違ってくるね。

もっとはっきり言っちまおうw。一人で何枚もカードを持っていると便利ってことだなwwww。親族だの引っ張ってきて作らせれば、こういうこと、いくらでもできる。店はルールで禁止しているけどね。

逆に言うと、俺みたいな完全ピンは不利。だから、これをやられるとむかつくよねw。この辺が、このルールのデメリット。こういうクソガキ共がのさばるのは勘弁して欲しい。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする