三日三晩飲み続けた結果・その3

そして、何よりやばいと思うのが、今日の仕事中、あれほど眠くて、帰ったら即寝る、と決めたはずが、今こうしてビールを飲みながらPCに向かっている、ということだw。

仕事中も、昼間は強烈な眠さだったが、夜になるにつれて意識が戻って来る。完全に夜型の生活パターンになってしまっているんだよね。

あ、でも、これは生まれもったものもあるらしいよ。朝型、夜型の遺伝子があるらしい。慣習である程度は変えられるんだけど、放って置くと勝手にどっちかになってしまうとか。

まあ、それはいいにしても、眠くて疲れているはずが、ビールが入ったら一気に頭が動き出して、記事がばしばし書けるw。自分でも理解できないね。あの辛さはどこへいったんだ?って感じ。

これもうアル中の入り口じゃねぇのかもなw。いやいや、でもまだ仕事にも行っているし、社会生活は送れているから大丈夫だはず。最近、打っている最中の昼過ぎに、向かいのコンビニでビールを買おうかと迷ったのは内緒だw。

まあ、まだ自覚しているんだから大丈夫だろうw。後悔もないしねw。それに、何だかんだでこの生活を10年ぐらい続けているんだし。

診察に行ったことはないから、自分が今どうなのかはちょっとわからん。が、どう言われたところで変えるつもりもないし、医者の小言を聞くのも精神的に宜しくないしねw。

というかさ、飲むなじゃなくて、初期のほろ酔いを延々と持続できる薬とか開発してよw。科学の進歩はそっちの方に向かって欲しいね、無駄な延命治療なんかじゃなくてさ。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP