三日三晩飲み続けた結果・その2

5月6日は完全にグロッキーだったがw。それでも家で朝から迎え酒をしたし、夜には街に繰り出して軽く飲んだw。でも、やはり全然酒を受け付けず、気分もいまいち。記事書きも出来なかったね。

それでもベッドで深夜までちんたら飲むw。一応仕事のデータチェックもやったし、朝目が覚めたし、今日7日は仕事に行った。が、そんな体調で行ったもんだから、かなりやばかったねw。

朝から大欠伸が大連荘。涙が鼻水になって出て来るんで、パチ屋のおしぼりで何回鼻をかんだかわからんw。いつも涙目だから、他の客からは、ああ、たくさん負けているんだろうな、と思われたかもしれんw。

連休中、毎日飲んだと言っても、結構寝てはいるんだけどね。が、酷い睡眠不足。常に頭に靄がかかっているようで、何も考えられない。それでも出来る単純作業だから、延々と続けて来たが、夜に挫折したw。

寝酒を続けるとこうなるらしい。少量の酒なら、最初は覚醒する。そのまま飲み続けて回ってくると、強烈に眠くなる。だから、寝つくにはいいみたいだが、寝ているうちに酒が分解されると、逆にまた覚醒してしまうんだってな。

で、睡眠が浅くなる。よって、眠れないからまた酒を飲むw。耐性がついて来て、だんだんと深酒しないと眠れなくなる。深酒すれば夜更かしもするから、尚更睡眠時間が減る。結果は、そりゃアル中しかないわなw。

まあ、入り口にはいるね、自分の立ち位置を考えるとw。アルコールが切れた後に変な汗が出てきたりすることが時々あるが、これは症状の一つw。震えが出ることはまだないけど、瞼が痙攣するような感じが?これはスロのせいかw?

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP