慶良間総括

旅行記、ラスト、ってことで、まとめ。この記事を読んで、行ってみよう、って奴はまあいないと思うが、俺の経験を踏み台にして、少しでも良い旅になれば。

今回は慶良間の中でも、座間味村の方を回った。渡嘉敷は大きいので、また別の機会に。座間味のメインは座間味島と阿嘉島。後者の夜は相当厳しいんで、宿泊はあまりお薦めではない。

座間味は夜も楽しめる。こちらは宿も多いし、泊まるならこちら。どちらの島も、基本はダイビングになるけど、このシーズンならばホエールウォッチングもあるしね。いや、阿嘉島からこの船は出ていないか?座間味島だけかも。

座間味島は、ビーチも集落から近くに2つあり、そこでお手軽にシュノーケルも楽しめるということなんで、マリンスポーツの初心者でも楽しめる。

那覇からは船で片道1時間程度。車を飛ばして恩納村や名護、本部まで行くより早かったりする。そして、それらより美しい。渋滞をいらいらしながら本島北部へ向かうぐらいなら、こっちが断然いい。

那覇から船が出る時間は、午前中がメイン。午後でも高速船があるけど、着いた頃には夕方になるんで、その日のうちに出来ることは限られてくるから、折角のオフを有効に使いたいなら、午前の便がお薦め。

船の予約は、当日でも大概大丈夫だろう。オンシーズンの時はわからんけど、船もそこそこ大きいので、あれが一杯になるとは思えん。宿の予約を先にしておけばいいと思うね。出来たなら、おそらく船も乗れるはず。

以上、慶良間、及び、沖縄への誘い。パチンカスには不要な記事だったね。お目汚し、誠に失礼。連中がこれを読んでいることはないだろうが。死ぬまで偽物の薄汚いハイビスカスでも愛でてくれ。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP