島の天気は、舐めるな

続き。

空港向かいにある展望台は、見た感じ立ち入り禁止みたいだが、入れる。徒歩で階段を上がる。景色はなかなか。空港を上から眺める、ってのも珍しい。つつじが多く、蝶もたくさん。蜂もいるが、熊蜂なんで大丈夫。

後からチャリ組みが2人来たが、上りを押して歩くのが大変そうだったw。座間味の島々はアップダウンがきついんで、チャリは向かないと思うよ。

宿に戻ってきた頃にやばい天気に。海が荒れて船が欠航する、ってんだから、考えてみりゃ、そりゃそうだよなw。何とか小雨の内に戻ってこられた。今思うに、ちょっと無謀な散歩をしたねw。結果オーライではあるが。

荷物を持って港の待合所にいたら、真っ暗に。夕方より暗いぞw、やばくねぇか、これ?って思っていた矢先、スコールでざーざーw。こんな変わるのかよ。偉い雨量に雷ごろごろ。

海や島の天気、凄いね。こんなんなんだから、ダイビングとか、そりゃ簡単に死ねるわw。自然を舐めてはいかん。人間なぞ、所詮無力。これでも、朝はからっからに晴れていたんだぜ?だから慶留間島方面へ散歩したんだし。

昨日、島の西側の人の来ない展望台方面を散歩していた時に、突然こんな天気になったら、泣きが入っただろうなw。あんな誰もいない山の中、雨宿りもできんし、命の危険すら感じるよw。

まあ、島は小さいんで、どこでも携帯の電波は入っていたから、そこは安心だった。が、俺のはau、禿げ電はこの島では集落内であってもかなりつながりづらいとか聞いたぜw?沖縄では前述の通り、auがいいよ。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP