マリリンに逢いたい

ま、蟹の話はいいやw。一応、深海でじっとしている蟹なんかの甲羅に磯巾着が付着することはある模様。

さ、続き。3月17日月曜、ふと思い立って座間味島に来て、当日に島内西部を一周。最後の観光ポイントは、マリリン像。

パンフレットを斜め読みした時に、映画の~とかあった。そういや「マリリンに逢いたい」って聞いたことがあるな。犬の映画だっけ?旅する奴。うっすらと覚えが。

それで大体当たり。この映画、調べたら、俺の中学生時代の公開だね。映画に興味がないので、見た覚えは勿論ない。でも、何で覚えているんだ?

これ、ワイドショーなんかで話題になった実話を元に作られている映画、ってことだ。だから、テレビでそのニュースを見たことがあるんだろうな。あ、ここから先はネタバレになるんで、これから見ようと思う人は見ない方がいいかも。

あらすじは、阿嘉島にいる雄犬のシロが、座間味島の雌犬マリリンに会うために、海を泳いで渡って通う、って話。それを青年の恋にオーバーラップさせて、って映画。

犬が海を泳いで通ったって、実話なんだw。実際のシロを使って撮っているとか。マリリンはその時には死んでしまっていたので、別の犬、ってことだが。

へえ、凄いね、犬ってそんな泳げるもんなんだな。阿嘉島、座間味島の3キロを泳いでって、結構凄いよね。そんな方向感覚もあるのか。しかも、1度だけではなく、何度も、らしい。

帰りは船に潜り込んで帰って来たりもしてたらしいがw。でも、その船が阿嘉島に行く、ってことがわかるのも凄いよね。多分、人を覚えているんだろうな。阿嘉島の人、ってわかるから、それについて行けばいい、って感じか。

まあ、間違って那覇行きの船に乗ってしまうこともあったようだがw。それでも、那覇から阿嘉島行きの船に乗ってちゃんと帰って来る、ってのも驚き。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP