大石林山

前の続き。

それを、岩に勝手にいろいろな名前をつけたり、ご利益あるよ、とか、実に下らん。同じ景観が続くから、子連れを飽きさせない為だと思うんだが、ガキだっていつまでもガキじゃねぇんだよ。

俺はガキの頃、こう言えば大人たちは喜ぶんだろうな、というリップサービスをよくしてたw。馬鹿じゃねぇのw、と内心思いながらね。ガキとは言え人間、舐めない方がいいよ。こんなんで喜ぶと思っている方がどれだけガキかわからん。

まあ、売り出し方に文句はあるが、この石林山自体は素晴らしい光景なんで、是非。まずは駐車場からバスで、中心の小屋まで移動。金は800円かかるが、とあるカードで半額に。これは内緒w。かなりのがたがた道で揺れる。

バスの中でガイドが流れるんだが、実はこれが結構大事な話をしているw。学術的な話なんだけど、パンフレットにも小さくしか書いてない、っていうねw。

散策コースは4つあるが、バリアフリー~美ら海展望台~亜熱帯自然林がいいだろう。感動コースは時間もかかる割りに大したポイントもないようなので、無視でw。これで大体見て回れる。1時間もかからんかな。

見るべきポイントは、悟空岩、烏帽子岩、鍋池、辺戸岬の展望、ハマセンダン、ウガンガジュマル、あちこちにあるソテツやその他の植物。特に、ガジュマルはお勧め。バスで帰ってしまうと見られないから注意。

スタート地点にある小屋で売っている様々な石も面白いか。すげー高いけどw。あと、散策の際はオカルトチックな案内文は全て無視して、景色だけを楽しんでくれw。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP