能書きパチンコ・その8・エナ

さて、パチンコにおいて大事なことは前回までで大体書いた通り。結局のところ、回る台を掴めばいいだけなんで、ヘソを見て、データを取って回転数を計算して、しっかり期待値が見えていればいい。

だから、パチンコなんざ糞つまらんよねw。勝つ理屈は単純すぎるし、台の違いは液晶だけ、という考えに辿り着けば、もう後は修行の世界。遊び打ちなぞ一切なくなるから、ただ、金のためにやるだけ。

当たり前だが、リーチが~予告が~、とかって会話には一切参加しないw。そんな酒がまずくなる話、聞きたくもないねw。気になるのは、時間効率ぐらいか。

で、ここから先の能書きは、やや細かいことになるかな。

一つは、朝一の挙動。店が潜伏残しをしてくるのかどうか。してくるならそれはそれでおいしいが、並ばないと厳しいだろう。前の奴の動きを見ていれば、残してくる店かどうかは簡単にわかる。

前に並んでいるのがエナ専なら、どこに行くかわかるんで、エナは無理でも、開いている台を掴めるチャンスはあるから諦めてはいけない。

他に、エナが効き易い台など、スペックを頭に入れておけば、拾えることもあるだろう。そう数はこなせないだろうけど、パチのエナは、拾えた場合の期待値が大きめではあるからね。

もう一つは攻略について。止め打ちだね。できるなら当然ボーダーも甘くなる。ちょっと前までは全盛だったけど、今ではそこまで使えないだろう。こういうのは、常にアンテナを張って情報収集していないと、おいしい思いはできない。

しかも、そこまで苦労しても、攻略できる時期は短かったり、あまり報われないね。それに、パチンコの攻略はトラブルが付き物。禁止する店が多いんだよね。小銭を追って出禁になったら、店の選択肢を減らして、後々苦しくなる。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP