釈放

で、調書ができたら検察は終わり。後は警察署に戻って、持ち物も返されて釈放。検察では、罪状は不法侵入、起訴になれば罰金が30万位とか脅されたが、結局不起訴。

翌日には偉そうに教鞭を獲っていたw。こんなことをやらかしている奴に教えを受けているなぞ、生徒は知る筈もなしw。そう、世の中、知らなくていいことがたくさんあるねw。

後日、民家の方に警察と一緒に実況見分に行く。そこで、侵入した場所なんかを指差して写真を撮られる。自白の証拠ってことかな。その際に民家にちょっとしたものを持って謝りに行って完了。

弁護士にも、再び会うことはなかったな。警察に呼んだ分は無料相談みたいなもん?金も必要はなかった。ちょっと弁護士には申し訳ないw。まあ、呼んだのは泥酔した俺だから、俺であって俺で無いので、あしからずw。

日曜につかまり、月曜1泊、火曜に検察、夜釈放。その足で塾の校舎に戻り、煙草をふかし、「娑婆の空気はうめーな」って、講師仲間とげらげらw。ちょっと大人になった感じw?

いい飲みの席でのネタが出来たなw。こういう失敗も全て肴に出来るのが酒飲みのいいところ。って、今後もばりばり飲む気満々、全く反省の色はなしw。現にこうして飲んでいるわけでw。

その後、別な時にも留置所で一泊はあるw。家に帰ろうとしたが、階を間違えたようで、家に入れず、そこで寝る。で、通報されて運ばれる。

朝起きたら、留置所。持ち物から、階を間違えていると判断されて、起きたら即出される。この時は何もなし。要は、泥酔者を保護、ってことで留置所に入れられていたようだ。自分の家の敷地内なんで、不法侵入ではないからセーフw。

以前にも書いたことがあるが、俺は酒の反省は一切していない。酒における反省なぞただ一つしかないんだよね。やめることだ。が、そんなつもりは毛頭ないからw。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする