新宿二丁目の思い出

ついでなんで、それ関連の話を。

大学生の頃、新宿二丁目をうろうろしたことがある。前述の通り、俺にその気はなくw、友人たちとふざけ半分で。男一人で行くのは危険極まりないからな。複数なら、向こうも「あいつらできているのかな?」と思ってくれるだろうw。

街を徘徊して見ると、やっぱり驚くね。知識として知ってはいても、実際に目にするのは違う。野郎が手をつないでいるとか、まじか・・・、って感じw。

中心部にエロ本屋がある。勿論そっち系の。入って見てみたが、皆、本選びにも真剣な眼差し。いろいろな本が並べられているが、どうもニーズが多いのは、ガチムチで適度に脂肪がついたプロレスラー体型の、髭親父って感じなのかな。こういうのが緊縛されている類のものが多かったw。

美少年のジャニーズみたいなのが一番人気ではない模様。まあね、意味はわかる。だって、女性的な男が好きなら、男じゃなくて、普通に女でいいじゃねぇか、って話だよね。男が好き、って言うからには、やっぱりそれなりの男らしさに惹かれるんだろうから。

俺は人気なさそうだな、安心安心w。連れのデブなんかは大人気だったろうw。そういや、奴はゲイバーでももてていたな。

ゲイバーは、女の客が多かった。女の芸能人が一人で来たりもするらしいね。

深夜に女が一人で徘徊するには、新宿二丁目は日本一安全な街であるとも言える。だって、レイプの危険とかないしねw。皆、男にしか興味がない男なんだからw。ナンパもされないだろうから、うざくないし。

こういうところは、ショーなんかもあって、ある意味、漫才みたいな感じかw。飲んで馬鹿騒ぎするにはそれなりに面白い。まあ、俺は女が大好きなんで、積極的には行かないw。

こういうショーパブ、沖縄にも一応点在してはいる。松山とか桜坂に少し。与儀公園なんかはハッテンバとか聞くな。ま、興味ある人はどうぞw。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP