ウルトラマンの仕掛け方・その3

店長の台弄りの時間に関する考察。

一応、パチ屋でのバイト経験のある友人によると、弄るのは夜、ってことだ。

だが、新都心にある店は朝にやっていた。ここ、阿呆な店で、店内の休憩所を朝の並びに使っているんだが、その時に「変更しました」って音が聞こえて来たりすることがあるんだよw。さすがに目隠しはしているけどね。

耳を澄まして、音から位置を探ることに全力をかけろ!あと、ミニコインだったりしたら、音からメーカーがわかったりするかもね。まあ、大して入ってない店だし、期待はできないけどw。

話が逸れたが、夜に弄ると仮定するならば、このレインボーウルトラマンに仕掛ければ、台枠が消えた状態なんで、店長もスルーしちまうかもね。

これだけいろいろな台があるこの御時世。導入する全台の細かいスペックまで頭に入っている店長も少ないんじゃねぇかな。

それに、だいたいの店長は雇われだし、店全体で見れば、こんな糞台のレインボーごとき、残したところで微々たるもの。そんなに神経質に気にしていないと思われる。この辺、ちょっと裏を取ってあるんだがw、その話はまた後で。

ということで、この仕掛けをしておけば、翌日残る可能性は高いだろうな。

ただ、前の記事で書いたけど、この仕掛けでレインボーを消しておいても、電源のオンオフで連続演出はキャンセルされて消えてしまう。

つまり、閉店後に折角店長がスルーしてくれても、翌朝電源を入れると、連続演出が消えて、デモ画面でレインボーになっている、というわけ。だから、朝に変更をする店ならばばれてしまう。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP