ウルトラマンの仕掛け方・その2

前の続き。一応は役に立つ情報だと思うよ。

この連続演出やめ、もっと早い時間にチェックに来た奴の目を避けるのは難しいかも知れんけどね。ただ、見られたのがART中だったりしたらわからないんで、通常状態さえ見られなければいい。

それに、この仕掛けで、閉店ぎりぎりにチェックしに来ている奴は潰せる。

よくよく見れば怪しいんだけどね。普通はデモ画面で、色々な色に定期的に光るんだが、この状態だと、台枠は消えたままで、一切光らない。液晶も、ちゃんと見れば、デモ画面に行かないから、違和感はある。

だが、この状態で閉店になってしまっては、もしかしたらレインボーかも、という思いはあっても、これを見ただけの奴は、確信までは持てない。閉店コールがかかったら、確かめようもないんだからね。

万一、最後までうろうろして確かめようと言う奴がいるなら、一番最後に流すつもりで、徹底的にガードすればいいだけ。そこまでやると、向こうからも怪しまれるだろうけど、疑心暗鬼で翌日に並ぶ労力を考えれば、まあ、諦めると思うよ。

よって、多少なりとも効果はあるはず。できるならやった方がいい。

後は、店長がこの台を残してくれるかどうか。ここは、台を弄る時間の問題になる。

夜に弄るならば、台枠が消えている状態なんで、スルーされやすかも。だが、朝に変更をするならば、後述するけど、電源オンオフでレインボーに戻ってしまうんで、気付かれてしまうだろう。

個人的な見解だが、大概の店は夜に台を弄ると思われる。

だって、朝早くに起きて店に来て弄るぐらいなら、閉店後にさっとやって、夜の街ではじけた方がいいだろうよw。ま、皆が皆、俺のような飲んだくれの考え方じゃないと思うけどさw。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする