職住近接・その2

職住近接は他にも問題が。スーパーもかなりやばい。

閉店後に近くのスーパーに寄ると、さっきまで店にいたのとたくさん会う。これもかなり嫌。かごの中身を隠したいくらいだ。高い刺身とか肉とか買ってたら、「今日の勝ち分でそれか、いい身分だな」って感じだろう。

実際のところ、刺身とか、ろくに値段も見ないで買っていることも多いんだよ。マグロの中トロ、大トロとか、うまそう、って思ったら即。

でも、俺は酒以外に金のかかる趣味がないから出来ることなんだし、これくらい勘弁して欲しい。が、こんなこと、いちいち見られた人に説明して回るわけにもいかんしさ。どうにもならん。

それに、俺は発泡酒が大嫌いなので、ビールを買うしね。しかも、まとめて大量に。種類もいろいろなんで、プレモルとかエビスも当たり前。これも見られたくないな。

店で見た面には見られないよう、なるべく早く買い物を済ませて、こそこそとレジにw。

レジであのカード(これは詳細は秘密w)を出すのもちょっと気が引けている。だいたい同じ時間に来るから、レジの姉ちゃんにも完全に覚えられているし。既にカードを出す必要がないくらい。

当然、レジなんで、買い物の中身を見られることは避けられない。「毎晩毎晩アホみたいにビールを飲みやがるな、こいつ。しかも、高い肴でよ。このカードを使ってよお?」

まあ、思われているだろうねw。気にしすぎかなあ?杞憂ならいいんだけどさ。でも、人間、意外にこういうところ、見ているもんだよね。恐ろしいw。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする