ニュートリプルクラウン-30・その3

成立プレイで揃えられないで、その後1枚掛けでリプレイなんかを引いていると、そのうち、バットの下の「ボーナスゲーム」ってランプの「ボーナス」だけが点灯したりする。バケなのかな、これ?サンプルが少ないのでわからん。まあ、ちゃんと成立プレイで揃えればいいだけ。それが出来ないんだけどw。

リール制御は前作までと変更がある。ランプが光ればいいだけなんで、どうでもいい話ではあるがw。トリプル全般に言えることだが、順押しと挟み打ちでも出目が違う。

打ち方は、左にチェリーを狙っていればいい。ボーナスの塊付近を外すだけ。一周押しも利きやすい筐体で有り難い。はずなんだが、前述の光るタイミングの遅さの問題で、これをやっていると成立プレイで揃えられなくなる。

前作までと同様、逆挟み打ちがおすすめ。

1.右リール適当

2.右下段がベルの時のみチェリー確定なので、左にチェリーを狙って、中適当。押し順はこれで。中→左で押すと、チェリーが中段に止まったりして2枚損することがあるので。

3.右がそれ以外の停止位置ならば、左→中の順で適当。この押し順でないと小役をこぼすので注意。

逆挟みでもリール制御の変更があって、以前は止まらなかった左のボーナスの塊が、外れでも止まるように。ボーナス成立時は、右枠内にボーナスか、右下にプラム。それ以外の出目が出なくなった。つまらなくなったね。改悪。

(続)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP