トリプルクラウンスペシャル-30

役に立つ記事でも書いておくか。沖縄の看板機種、トリプルクラウンの最新機種が出た模様。もう導入されているところもあるみたいだね(ピーワで検索しても見つからんだろうから、こっそりと。7五右衛門ね、俺は行ってないが)。

まずはメーカのページのリンクを張っておこう。

リンクその1

リンクその2

これは期待したいところだ。なんせ、スペックがS2に近い。設定4で104%も助かる。5で107%、6で110%。これならハナより期待値が大きく劣るわけでもない。1は96%だけどね。まあ、これは仕方ない。

1000円あたりのゲーム数も37~38.5ゲームで、1.5ゲームの開きがある模様。リンクその1に、小さくだが書いてある。以前のS2は、37.6~39.4ゲームなんで、それよりは小さくなっているかもしれんが、それでも、現状を考えれば、この設定差は有り難い。

それに、こういうのは頭の差が出るからおいしい。小役の解析が出れば、カチカチ始めるニワカが大量発生することが予想されるが、前機種のトリプルゼロでも解析値は出ていないし、今回もされない可能性が高い。

ゲーム数の差がわかっても、くるくるパーにはこれを利用はできないのでね。数えるしか能のない阿呆には無理。

チェリーを従来通りの109分の1、リプレイを7.3分の1、ベルとプラムは1対1で差はなし、と仮定すれば、回転数から逆算することでこの小役の確率も出せるんだけどね。まあ、面倒だし、実際にパチ屋で数える気もないのでやらん。

一応、回転数計算のリンクだけ貼って置く。どうせ大して見られてないし、こういう情報を流しても大丈夫だろうw。

1000円あたりの回転数で攻略・その1

こういう情報は旬な方がいいんで、取り急ぎ。リンクを見ればわかるけど、判別要素は他にも加わっているようなので、これでトリプルの復権があれば助かる。

でも、なかなか導入されないだろうし、打つ機会も・・・。頑張って!清竜!

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP