旧盆・その2・沖縄における、盆あたりのパチ屋の状況

というわけで、新盆に旧盆、状況が悪い時は酒だよねw。前の記事は、ちょっとだけアカデミックに管巻いてみたw。誰でも気付きそうなことだけどねw。

さて、それをパチに関係ある話にでもつなげるか。友人の凄腕ガチプロのなつさんから情報も頂いたので、盆の状況を考察。

新暦8月15日は、偶数月の15日なんで、年金支給日。本来は餌撒き。特に田舎の年齢層が高い地域では。が、かなり酷かった様だ。こちらは都市部だけど、似た様なもんか。特に客が増える、ってのもなかったような。

こちらのパチ屋の多くは、ウンケー、ナカビに、深夜25時までの延長営業をすることが多い。ただ、やっているところでも、派手に告知してないね。ピーワのページを見ても、書いてある店は少数。だいたいやっているはずなんだけど。イベント規制の関係で厳しいのかもね。

ただ、那覇市内は延長営業をやっていないところも結構あるよう。前述の通り、都市部では旧盆の風習がすたれつつあるようなので。内地の企業も多いし、そこで働いていれば、内地の暦通りの生活になるだろうしね。

ウークイは、地方ならば近付かない方がいい。親族で集まって派手に飲むんで、客がいなくなる。閉店時間も早い。ピーワのページを見る限り、閉店時間は店内告知、なんてところばっかりなんで、客がいなきゃさっさと閉めるつもりかもね。

この辺、沖縄独特なんで、この時期に観光がてら来る人は要注意。たくさん持って行かれると、あっちの世からウンケーが来るのでね。

ま、結局、盆も旧盆も、休むに限る、ってことですな。酒だ、酒。

(終)

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP