一人暮らし・その1・手に負えず

長々と福島旅行記を書いてきたが、とりあえずこれにて2年ちょい続いてきた親との同居生活も解消となった。久々の一人暮らし、解放感あるね。

別に無理に同居している必要もなかったけども、両親はこっちで生活したことなぞなかったし、放置しておくのもなんだな、と思って同居してた。俺の部屋も用意されてあるんだし、家賃を別に無駄にかける必要もないしね。

あの事故がなければ、数年に一度程度しか顔を合わせなかったわけで。孝行、って言っていいかわからんが、わずかばかりであれ助けになったのは良かったと言える。

さて、それは兎も角も、この分相応で無駄に広い家で、当面一人暮らし。両親が、ある程度は片付け、掃除をして行ってくれたが、この物の多さ、とても俺の手に負えんね。

沖縄に来てたかだか2年ちょい。車とそれに収まる程度の荷物で、福島からはるばる沖縄まで来たはずなのに。何でこんなに、ってぐらいの物の多さ。

俺の部屋なんてがらんどうなのに。そりゃまあそうで、そもそも車上生活者なんで、車に全ての荷物が収まるからな。それに比べて。ったく。

俺は仕事なり遊びなりで、家にいる時間もそんなに長くはないし、こんなもん、掃除とかしてられんわ。とても管理しきれない。

冷蔵庫も2台あるが、1台は電源を落として1つにまとめる。中の掃除も面倒だなあ。他にも、捨てても問題なさそうなものはがんがんゴミへ。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP