昔話・キンバリーあたり・その2

「おい、バスが来るぞ。早く支度しろ。」

早稲田から上野まで30分。このバスでぎりぎり10時着。さすがに起きんと。俺は朝に弱いから、かなり辛い。デブはわりと元気だな。

ぎりぎりでバスに乗る。

「ほら、食え。」

デブが握り飯をよこす。バス停前の惣菜屋で買ってきやがった。よく朝から食えるな、こいつ。だから見る度にぶくぶく太りやがるんだよ。入学当初の体型は見る影もないな。今ではデブのロン毛でずんぐりむっくりのプロレスラー体型。同じく太っているクマを笑えんわ。

「ああ。」

バスの中でかじる。うとうとしながら揺られて30分。

ぎりぎりに上野に到着。早掛けイベントに参加なので、ぎりぎりでも大丈夫。1機種に1台、ビッグ5回で設定6に打ち変え、ってイベントだ。5台打ち変えた時点で終了。要は、座ってぶん回せばいいだけ。後は天運。

割りのいい機種はすぐに埋まる。ビーマックスやアステカ。ただ、こいつらは1のビッグ確率が低いから、5回引くのが大変。

俺らはバランスがいいテクノコーシン(現ラスター)のマグニチュードへ。1でもビッグは300分の1。6なら割りは結構高い。よって、打ち変えの競争に勝ちやすく、6ならそこそこおいしい。

二人でぶん回すが、早々にこの機種での5回達成者が出る。残念。1機種1台までなので、この時点で機種を移動。俺はキンバリーに移動。デブはどこかに移動したが、知らん。早掛け勝負なので人の行動まで見ていられん。お互い最低限の知識はあるしね。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする