沖縄のパチ、スロ用語集・その2

・長いの
ハマリ。データで長い粒が出来るからだろう。時間的に長いってのもあるかな。なぜか良くわからんが、結構出していたりするときに、この最大ハマリがどれくらいだったかを聞かれたりすることが多い。いや、なぜか、じゃなくて、どうせくだらないオカルトなのはわかっているんだけどw。せいぜい参考にして立ち回ってくれたまえw。

・ラッキーコール
光ったから揃えてくれ、で押された呼び出しボタン。こっちの店員の主な仕事。これが当たり前なので、隣から「揃えてくれ」とかはあまり来ないな。そこは助かる。皆光ったらボタン を押す。台が光ってから、呼び出しボタンを押すスピードが異常に早い爺さん婆さんもいるw。そんなに急がんでもいいんじゃねぇの。

ただ、ラストの1ゲームで光ってしまった場合、ボーナスの消化に2枚必要になるんで、隣に貸してくれ、と来ることは結構ある。多くの場合、利子をつけて返してくれたりするので、気付いたら、ぱっと渡してあげた方がいいねw。情けは人のためならずw。

・うりひゃー

内地のうひゃーと同意。要は凄いよ、ってことなんだけど、メールにこの単語があれば、それはパチにメリハリがついた上での回る台があることを意味する。うりひゃー釘って言うらしい。簡単に言うと、イベントってこと。無論皆知っているので、座ろうと思えばそれなりに並ぶ羽目になる。ま、座れればそれなりにおいしい。

・流し

設定、釘の、据え置きのこと。こっちではこの言い方が普通。内地と違って、これをやる店が結構多い。東京では、出たらすぐに締めるのが普通だったんだけどねぇ。こっちでは、ど派手に出た台を翌日もそのまま、なんてことが多かったりする。

こんなとこかな。やっぱり沖縄は特殊だね。

(終)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP