沖縄の郷土料理・その4

・味噌汁

豚汁並みの大きさの味噌汁。具もたくさん。だいたい入っているのは、豚肉、豆腐、もやし人参等の野菜、卵あたりか。ポークランチョンミートも多いな。俺はかなり気に入っていて、定食屋ではこれを食うことが多い。シンプルでいいんだよね。味噌汁と言えば、自動的にご飯もついてくる定食なんで、間違っても一人で「ゴーヤちゃんぷるーに味噌汁!」なんて注文をしてはいけない。えらい事になるよ。ただでさえ量の多いこっちの定食が2人前出てくるので。

・骨汁

豚の背骨の骨付き肉がごろごろ入った汁。出している店はある程度限られるか。これも好き。量は結構ある。他に大根や豆腐、〆昆布が入っていることが多い。食うのがちょっと大変で、手がべちょべちょになるけどね。

・ソーキ汁

豚のあばら骨の肉。これと大根、人参、〆昆布などが入っている。これも好き。ソーキは固い骨と肉の本ソーキと、柔らかい骨の軟骨ソーキがある。軟骨の骨も、とろりと食えるほどに煮込んだもの、がりがりかじらないと食えないもの、とかいろいろ。俺はとろとろになった柔らかい軟骨が好き。

・てびち汁

豚足の汁。好き嫌いはわかれる食い物かな。見た目が豚の足そのままなんで、それで食欲がなくなるって人が多いようだ。あとは、あの食感ぶにぶにしているからね。栄養的には、コラーゲンがとれるからいいらしい。店によって味が結構違うんで、それによっても好き嫌いは分かれる。

・ゆし豆腐

固まる前のおぼろ豆腐を、沖縄でこう呼ぶ。これを味噌汁のようにして食う。優しい味だね。これは一般受けする味なので、嫌いという人はあまりいないだろう。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP