沖縄の郷土料理・その3

・沖縄そば

沖縄うどんw。こう言うとこっちの人は怒るかもねw。沖縄のソウルフードみたいな位置づけなんで。定食屋でも皆よくこれを食っているよ。最近はうどんが幅を利かせつつあって、ちょっと危ないな、って思いはあるけど、やっぱり多くの地元の人が沖縄そばを食っている。

スープはあっさりが多いけど、こってりもある。鰹ベースってのはだいたいあっさり。豚骨ベースってのは結構濃い。こっちの人は、豚骨ベースのを食うと、これはラーメンであって、沖縄そばではない、って感想を持つみたいだ。店によって結構違ったりするんで、そこは好みを探して探訪すべき。

麺は小麦粉で、蕎麦は全く使われていない。この「沖縄そば」って名前で問題になったとか。蕎麦ではないのに「そば」だからね。交渉の末、なんとかこの名前で続けられることになったらしい。

具は軟骨ソーキがおすすめ。他に3枚肉やてびちを載せたりも。かまぼこも結構多いんだけど、これはいまいちな気がしている。肉も店によりかなり変わる。

生姜は味を壊しやすいんで、最初から入って出てきても、とりあえずそれをのけて食った方がいい。入れるにしても、少しずつ、最後に。コーレーグースっていう、こっちの唐辛子をつけた泡盛の調味料があるけど、これもいきなり入れると味を壊すし、結構辛いんで注意。他に、フーチバーっていうヨモギもついてくることが多いかな。好みで。

全般的に、ラーメンと同様で、店による個性があるね。ラーメンほどの差ではないと思うけど。よって、一つの店で外したからといって、めげずにいろいろ周ってみてくれ。

食べログが悪いんだよなあ、あの糞店がいつも上位の方にあるからw、観光客がそれで…。ま、いいや、うまい店もちゃんとあるよ。その辺の紹介はまた後ほど。

(続)


スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP