【日記】チョンボ

肉を買いに牛庵へ。こちらも品切れが多く、丸腸はなかった。りうぼうで足りない分を買い、家で年越し宴会開始。すき焼き、もつ鍋、鰭酒、シャンパン、花火。山羊の缶詰は、バジルが強過ぎで、何の肉か分からなかったが、ここまでしないと食えない、って裏返しでもあるな、と思った。

ミチヲが卒アルを持って来てくれた。ヤンキー時代の。意外に大した事がない。もっと派手な、つるはし持ってバイクに乗った武丸さんみたいなのが欲しかったのだが。「アンラッキーとダンスっちまったんだ」ぐらいの。

チョンボ上がりは最高の黒歴史だな、これは良かった。四暗刻で上がった記念の写真らしいのだが、見ての通り。今回俺に指摘されるまで誰も不思議に思わなかったってのも、結構やばいが。

でも、流石に3つ少ないって、有り得んだろう。周囲3人誰も気付かないってのも考えづらい。河がないから、崩してしまった後に再現して、既に記憶至らず、なのかなとも思う。まあ、知らん、佐賀の麻雀はこう言うルールなのかも。

暗槓も、裏返すのが逆。外側を引っ繰り返す筈。餓鬼の背伸びした御遊び、って感じが写真からもろに伝わって来るのが非常に微笑ましい。

フェレットのニモも相変わらず元気で何より。一度、2階だか3階だか、からダイブしたらしいけど、普通に動けている。動物は逞しいな。

いつもの年通り、泥酔して新年を迎える。

(終)


売れないホスト。

チョンボ。

牌を良く見てくれ。

出来上がり。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ミチヲ より:

    スゲーイケメンに免じて勘弁してください。

    • 毒鼬 より:

      こう言う勘違いした痛いホスト、良く雑誌に載っているよな。ここにこの写真を載せる事すら顔から火が出る思い。

PAGE TOP