【日記・14】観光客気分で

もはや、数世代経つので、日本語を喋れない人も多い。それでも、この様に、来る。沖縄への愛着はある訳だ。こうやって、自分の故郷を沢山増やしていった方が、人生豊かになるのかもな、と。

日本からろくに外に出た事もない人間からの、「隣の芝生は青い」みたいな感想。何にせよ、こう言う国際交流みたいなイベントは悪くはないと思うよ。パレードをしている人たちと、路肩の観光客たち、ハイタッチしたりしていたしね。

これを上から眺めながら飲もうと、近くの居酒屋「ダイニング松尾」。観光客向けの店だから、高いね。パレードも、屋根が邪魔で余り見られなかった。

「ジャンゴジャンゴ」へ。タコスでも食うか。店の雰囲気、名前から想像するのとは程遠い、随分と年を召したおじいが店頭にいる。店構えから、ロックがバリバリかかった、若い兄ちゃんかと思っていた。昔はこのおじいもそういう人だったのだろうか。

タコスは皮が柔らかいタイプでいまいちだったかな。ビールも瓶。タコライスが御勧めだったようだ。この店のギャップ、是非一度味わってみて欲しい。

その後、観光客気分で琉球舞踊でも見ようと思ったのだが、国際通りの「四つ竹」は入れず。断られるまで暫く待たされた。ちゃんと伝達してくれよ。

仕方ないので、ふらふらと。県庁裏の「まるたま」へ。味噌屋が出した店で、評判が良い。店内は御洒落な感じで、料理も旨かった。ここは良いね。御勧め。変わったビールや日本酒も良かった。

さて、明日から慶良間。さすがにここらで撤収するか。

(終)


どこの国だったかな、忘れた。

インドは少ない。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする