【日記】慶座バンタ

帰り際、慶座バンタへ。サザンリンクスの脇にある、滝。地元では「ギーザバンタ」と呼んでいるようだ。見た事がなかったので、一度は、と思い。

滝とは言っても、自然にあった物ではないそうだ。地下ダムの出口がここになった事で出来た。とは言え、崖自体は結構壮観で、元からの自然のちょろちょろした滝もあちこちから流れてはいる。

結構分かりづらい所にある。未舗装路もあるし。そんな人が来ない所だからなのか知らんが、入浴している爺が一人いた。滝の手前の所は流れがあるので、シャワーには丁度良いのか。石鹸も持って来ていたから、本格的に、入浴。勿論、全裸。

俺らが来たら、ちょっと隠れていた。つーか、こんな所で全裸の爺を見るとは思わんから、びびった。ええ?何でだよ、地元民なら家の風呂に入れ。路上生活なのか?こんなど田舎で?まさか、自給自足生活?

良く分からん。とりあえず、野生のジジイをゲット!って感じかな、ポケモン的には。ん?要らない?ここ、ポケストップにしたら良いのに。このキャラは全裸なので、モザイク掛けないとならんが。

興味がある人は来てくれ。で、下に降りて行ったのだが、坂道が急で結構危ない。しかも、多くの場所が滝のせいで濡れているから、滑りやすくてかなわん。結局、下まで行かずに引き返した。

まだ入浴中だった。沖縄の路上生活者は身なりが綺麗で気付かないのかも知れないな。これなら洗濯もしてそうだし。

さて、家に戻って、なつさんと二人、夜の街へ。4軒ほど。魚島屋では魚を堪能。庵でちょろっと、黒兎でうざさを堪能、げん太はちょっと人が多くて煙かったのが残念。昨晩も派手に飲んでいるし、今日はこんな所で。

(続)


慶座バンタ。観光客はまず来ない、穴場。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP