東北放蕩記・3

仙台なので1軒目は牛たん。1番の御勧め店は予約が取れなかったそうだ。今では食べログなんかの御陰ですぐに有名店は埋まってしまうからなあ。以前食った分厚く硬い奴ではなく、食い易くて美味かった。

次の店に移動しながら、街を見て回る。国分町は、繁華街に風俗が溶け込んでいる。場所による住み分けが余りされていない。バスローブパブと言うのが気になったが、他は特に。

トータル3軒位だったか、東北に来たからには日本酒だろう、と言う事でこればっかり飲んだもんだから酔いが早い。多少味に好みはあるのだが、どの銘柄が、とか言われると全く覚えていない。

日本酒って、1つの銘柄に固執せず、その地域の物を片っ端から飲んで見る、こう言う飲み方をする事が多い。色々な種類があって、味を飲み比べて見る、これが一番の楽しみ。

初日と言う事で、割と大人しく解散。皆余力を残してホテルでこの街の夜を楽しみたい様だ。俺は途中、いつも通りコンビニで9%飲料を買って帰る。沖縄では売っていない、人気の檸檬堂もあったしね。これは確かに飲み易い。

朝、ふと目覚める。俺の睡眠はいつも中途半端。2~3時間寝て起きて、を繰り返す。ホテルに朝食が付いていて、結構良いそうなので、行くか。昨日の飲み残しの酒を持って、食堂へ。つまみになる物もあるだろう。

高速のサービスエリアで。もっと雪景色が欲しかった。
スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP