東京観光記・12

世界は広いと気付かさせてくれる良い街ではある。別に好みは人それぞれ、只、病気を撒き散らすのは流石に遠慮して欲しい物だが。ま、俺は性的にはがちがちの保守派なんで、LGBTなんて一切認めないけど。

いやね、いいんだよ、個人の趣味の範囲でやっているなら。表立って権利を主張するのが許せない。結婚とは、将来的に子供を作る事が期待されて、それが国の為になるから優遇される。それをゲイが主張するとか、論外。

何でゲイカップルに控除をやらねえとならんのだ?何の為の控除?共に暮らすのは勝手だが、それを国が婚姻と認める事に何の意義があるのだ?生産性がない組み合わせに何を優遇する必要がある?

こんな記事を、放って置いたら延々と書いてしまう位に、ゲイは心底嫌い。多分このオーラが常に纏われていると思うんだけど、俺は本当にゲイにはもてない。

きゃっきゃ言われるのが当たり前の人生を送って来た身からすると、ちょっとだけショック。やっぱり誰であろうが、どんなブスからであろうが、ちやほやされた方が嬉しいもんよね。

で、この流れで、歌舞伎町の有名店、「ひげがーる」に。カマバーは面白い事は面白いんだよ。キャバなんて色気だけで売っているのが9割で、糞みたいなトーク。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする