東京観光記・10

さて、本題に戻そうか。11月5日。皆で集合して、新宿へ。東京って言えば、やっぱり新宿は外せないだろう。3流映画なんかで出て来る歌舞伎町の世界は、やはり見て置かないと駄目だ。

そんな世界は現実にはないのだが。現実を知らない奴は極端な間違ったイメージを持っている。一般的には危険な街ってイメージだけど、俺にはそんな感じは全然ないんだよね。

見た目的にはそんなのはいるけど、あれだけ歩き回って、しかも大体、当時はパチ稼業、やばい橋も多かった筈だが、それでも何もなかった。

キャバで揉めて警察呼んだとかはあるけど、それですぐに終わり、別に何事もなく、普通に帰ったし。と言うか、警官に後は任せて、御疲れ様です、で大丈夫。

若い頃は傾奇者として歌舞伎町を深夜に良く徘徊した物だが、あの街のどこが危険なのか分からん。全くびびる事はない、もし何かあって公権力を呼べば、すごすご退散するしょぼい連中。

寧ろ、田舎の方が怖いと俺は思う。本当に村八分になった時、一切の助けはない。ホラー映画の世界だ。自分の味方は全くおらず、己の命は己で、周りは全て敵。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP