九州紀行2017・20

昼飯に「長浜家」へ。昨年来たのは「長浜屋」。後者が本家なんだけど、揉めて分裂して出来たのが前者。場所もかなり近い。

そして、前者は、後者への対抗意識は強い様で、電光掲示板で「他者とは関係ありません!」としつこく流している。よっぽど酷い喧嘩別れをしたんだろう。

今回、この、後から出来た「長浜家」に来たのだが、450円は安いね。それでいて葱増しも無料。昨年のは500円だった。ま、両方とも昨今のラーメン屋と比べれば十分なコスパなんだけど。

今回のも満席に近い。スープの味自体は昨年行った「長浜屋」の方が良いかな、と感じた。他は大体一緒。でも、1年前の記憶との比較だし、分からん。

並びを見るにこちらにもファンは多い様だし、気になる人は連食して食べ比べて見たら良い。長浜のラーメンなんて、替え玉さえしなければ大した量ではないからな。2軒食っても950円、最近のラーメン屋の1杯程度、凄いね。

ミチヲにも言われたけど、俺も実際見たけど、周りの皆が食い終わった後のスープを見ると、赤い。真っ赤っかなのもある。紅生姜をがんがんぶち込んでいる様だ。牛丼屋と同じ感覚なんだな、これ。

()


中津の唐揚げと長浜のラーメン屋。一切関係ありません、って電光掲示板が痛い。

スポンサーリンク
336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

PAGE TOP